そうだった、そうやって友人に私は助けられていた

 

なかなか会うことはなくなってきたし、これならも会う頻度は減って、会う友達も減って、そうやって生きていくのだと思うのだけれど、寂しさは無い。きっと今、食事をするのでは物足りなくなってきているのが、旅行になっていくのだと思う。なにかする。スポーツだったり旅行だったり。私は学生の頃は、食事をするだけで、飲み会に行くだけで充分だったけれど、最近はみんなでスポーツや旅行をしたくなってきている。そんなことみんなずっと思っていて、私はやっとそんなみんなに追いついてきたのかもしれない。

 

 

さて、そんな感じでだんだんと疎遠になってきた友達、一時期は同じときを、楽しくおもしろく時には大変な感じで過ごしてきた仲間たちには、脳内で助けてもらうことがある。

 

 

例えば、大学を卒業して、四月から働き始めるとき。3月31日。私は不安があって、不安が大きくて、新しい世界に1人で挑戦するのがこわくて泣きそうに布団の中で起きていた。眠れなかった。そこでふと思ったのは、そうだ、あの子もあの人も違う場所だけど働き始めるんだということだ。あの子だってあの人だって、みんな頑張るんだ。このことで勇気付けられて、みんな頑張ろうねと思って、私はやっと眠りにつくことが出来たのだ。

 

そうやって、私は今まで出会った人たちと一緒に生きている。会えていなくても、会いたくなったらいつでも会えることを知っているから寂しくない。ふと思い出して、会いたいと思ったら連絡すれば良い。でもそういう人が少なくなっているし、思い出に励ましてもらったり友達の頑張りに励まされたり、SNS上で満足したり、そうやって過ごしてる。これって全然寂しいことじゃない、寧ろ今までの自分も今の自分も誇りに思える。全部に意味があって、全部が今の私を作っていて、自分の糧になっている感じ、すごく良い。

 

ただ、たまにふと、寂しくなるのは家族を恋しく思う時。私は母親に会いたい。また家族四人で暮らしたいな……。最後に。私や弟が結婚する前に、もう一度、四人で暮らしたいなぁ。喧嘩もするだろうけどさ。

 

 

三年後、

 

・大学院を卒業する

・生活場所は、山梨か東京

・やっぱり東京で研究していたいと思ったら東京だし、山梨でも研究はできると思ったら山梨に戻るし。

・山梨だったら仕事を探さなきゃいけないし、東京だったら今の仕事を続けるんだろうな。でもIさんがいなくなるなら、私も辞めるかもしれないな。

・英語を頑張ろう……頑張りたくないのは自信がないからだ。時間を作ろう……

 

それでは、そういうことで。

 

とにかく思うことは、私が私のまま、私のためだけに生きられる時代に、今の生徒たちと出会えて良かったと思う。本当に、あなたたちに出会えて良かったよ。

 

こんなふうに人のことを大切に思ったことなんて無かったな〜。本当、生徒に教えてもらったな〜。

 

 

将来……教育

 

ただ、私の将来に対する漠然とした不安である。そして、将来いつか死ぬということに安心したり悲しくなったりする。いつか死ぬなら、いま、やりたいことをやろうという気にもなる。別に大事じゃない人のことなんて割とどうでも良くなる。

 

ずっと研究していたい。この気持ちを実現させたい。自分にそういう気持ちがあるからだと思うけれど、研究職につけば?と言ってもらえたことを未だに覚えている。前職のKさんと、仕事を辞めてしまったGさんと、今すごくお世話になっているIさんと。

 

大学時代、私がこんなに考えて研究したって世の中はなにも変わらないんだなあと思ったら悲しくて、私って何やってるんだろうと思った。特別支援の世界って、世間って、どうやったら良くなるんだろう、私が1人であがいてもどうしようもないじゃないか……と。

 

でも、そんなことを考えながらもしっくりくる考えを導き出すのは本当に幸せだった。

 

世の中を相手にするのではなくて、目の前の生徒のために行動しよう、目の前の生徒に自信をつけさせて、世間体に負けないような人間を日本に増やそう。差別なんてしない、個性を理解できる人間を世の中に増やしていこう。そう思って教員になった。

 

でも、教員を続けていってまた研究をしたいと思ったら絶対に大学院へ行こうと思っていた。それでいま、やっと大学院に行けることになった。四月から通って、3年間で卒業する。

 

理解できないものはこわい。相手のことを想像できないと、傷つけることにも鈍感になる。

 

優しい(この表現でしっくりくるわけではないけれど、とりあえずこの表現で。)気持ちを増やすには、どうしたら良いのだろう。

説明するのか?一緒に過ごすのか?

 

研究としての教育学と、現場の教育って違うものだろうなと思う。研究をそのまま現場に活かすっていうのは、ちょっと傲慢だよなとも感じる。じゃあどうして研究するの?どうして教育学があるの?と言われたら……無駄なものではなくて。現場も研究も両方大切なもので、教育という大きなジャンルで、日本、世界、世の中、そういう大きなものを良くしようとしてる、そういった意味でお互い影響を与えあってるんじゃないかな。

 

私はずっと、教育のなかで生きると思う。でも、教育に貢献する方法はたくさんある。だからこそ、これから頑張るのだ。

 

 

家が大好き

 

家が大好きだから、職場にいても帰りたいなって思う。でも、夏を過ぎたころから仕事に対する気持ちがぐっと軽くなったと思う。プレッシャーが和らいだ?少し気持ちが楽になった?慣れてきた?……とにかく「あーあ、仕事だ」って思うことがすっごく減ったんだ。前は、嫌ではない(って思い込むようにしていた)けれど気合を入れなきゃいけなかった。そして自分を追い立てなきゃいけなかった。それがすごく大変だったんだと今更ながら気付く。

 

聞いてほしい。知ってほしい。誰かに訴えたい。ので言うけれど、私って今の自分が大好きなの。ほどほどの予定、ほどほどの仕事、余裕を持てている感じが好きなの。こういう丁寧に暮らせそうな感じを大切にしたいの。

 

明日は家に帰ったらクイックルと掃除機をかけよう、それにしても掃除機は新しいものを買おうかな。ドライヤー、掃除機、ボディクリーム、シャンプー、コンディショナー、自転車の空気入れ、生理用品、トマト、チーズ、、いま欲しいものたち。掃除、クリーニングに服を出す、いまやらなきゃいけないこと。

 

さて、大好きな部屋でおやすみなさい。

 

 

 

 

来年からいよいよ大学院生になる

 

いろいろ書類を見ていて思ったのだけれど、私、入学金とか授業料とか免除になる可能性が十分にあるね。給料の面から見ると。だからしっかり書類準備しなきゃ、と思う反面、私ってそんなに給料低いんだなぁと複雑な気分でもある。まあ今月、ガス代も払えなかったくらいだからね。給料入ったら払えるけども。

 

コンビニには行かなくなった、代わりに生協を注文している。生協頼んで良かったと思う。絶対良いんだけど、この前完全なる癖で(つまり家には食べ物がたくさんあるのに)駅ナカのベーカリーに寄って余計なパンを2つ買ってしまった。あーあ。癖っておそろしいね。

 

コンビニは行かなくなって、ジムは12月で卒業、そして大学院が始まるから自転車の空気をもっと頻繁にいれるようにしよう。いくら給食が多いと言っても、絶対大学院の前はお腹がすくから豆乳とおやつと、もし出来るならお弁当作っていきたい。冷凍食品を学校でチンして、持って行くのはどうかなぁ、そこまで出来るかなぁ、そうやりたいなぁ。

 

 

大学院に合格しました

 

人に報告したりお祝いされたり、喜んでもらえたり。そういうのでやっと実感がわく、じわじわ嬉しくなる。

 

頑張るぞ。

 

そして、大学教授になれば良いよ、とまた言われた。それは夢だけれど、口にするのがおこがましいようで言えないの。憧れなの、やりたいことなの。