読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりたいことやりたい

 

よく考えたのですが、人生って一回だけじゃん。

そしたら、ジム行きたいなら行けば良いしかわいくなりたいなら頑張れば良いし(かわいくなるのにお金使えば良いし)、大学院に行きたいなら行けば良いし。

 

大学院は1つだと自信ないから、3つ受けよー。

 

かわいくなりたーい。彼は75パーセントの女の子はかわいいって言ってた。でも私はその中には入ってないみたいなんだもん。かわいくならなきゃ、見返さなきゃ。

 

かわいくなったな、って思ってほしい人が増えていく。これって良いことなのかも。

 

 

コンビニ行っちゃった、

 

コンビニ。あしたからはまた禁止。

 

あーあ。いろいろ考えちゃうなー。仕事やりたくないなー。逃げたいなー。でもこういう限界が来て、そのあとに長期休暇が来るんだよ。うまく作られてるよねえ……あともうちょっと、あと何日、って考えて考えてやっと……

 

 

図太くなったら朝食が食べられるよーになった

 

いまの職場で1年目のとき、なんだか脅迫概念があって、早く行かなきゃ早く行かなきゃって思いで7時には出勤してた。タイムカードを見て安心してた。7時前後に打刻されるタイムカード。

 

少しずつ遅くなって、緊張しながら遅く出勤してたけども、最近はあんまり気にしないでいられるよーになった。だって結局、10時間くらいは働いてるんだもん、別に良いでしょ?って気分。誰にも何も言われないし、言わせない。

 

7時45分くらいに出勤してる。そして朝ごはんを食べよう、と決めた。

 

最近は思ったより遅くに起きてしまっても、ドタバタしつつも朝ごはんの用意をしてる。朝ごはんは好きなものを食べる。パンでも良いことにしてるから、大好きなフルーツのパンを買っておいたりシリアルを用意しておいたり。今日はピザまんをあっためて食べた。

 

朝食を食べると、昼食もお腹すいた状態で食べられるから健康的だと思う。ちゃんとお腹すいたって思えるよーになってその時間に給食を食べられる。

 

お腹をすかせる、すかせた時間に食べるって大事だな。

 

ちなみに、コンビニに行かない日数はいまだに更新中。今日はチョコレートを買いに行きたかったけども、我慢できた。

 

 

愛する人には期待し過ぎてしまっていた頃

 

反抗期?では無くて、父に対して期待しまくり、彼氏に期待しまくり、そういう自分だったからうまく関係を築けなかったんだと思う。

 

父の加齢や個性について。彼氏について。

 

だけど、最近やっとそういう父や自分を知り、認める…受け入れる…ことが出来るようになったと思う。

 

しっくりくる答えが見つかったから。すっごい長くかかっちゃったけど。

 

 

またしても、考えた

 

卒業式と謝恩会、本当に幸せ。余韻に浸れるような。頑張ってきて良かった、卒業式があるから頑張れるっていう言葉を聞いたことがあって、あんまりピンときてなかったけど、ピンときた。

 

いまの学園でしばらく勤める。ずっとクラスを持ちたい。でも、ずっとこの学園にはいないと思う。ごちゃまぜのクラスを教えたいけど、でも価値観の合う人とが良い。わがまま?

 

公立の中学校を受けると思う。ごちゃまぜの中で、見極めて教えて、そういうのをやりたいから。そういうのが大事だって思うから。

 

私ってそういうのやりたい、結局大学四年生の頃考えてたよーな方向に自分が進んでく。

 

 

 

 

見えてきた。

 

明日は卒業式なので、他の先生方と長々と話したり。それで見えてきたものがあったり。

 

公立の中学校で教えたいな。そこで本人をしっかり見て、勉強の習慣をつけて、生活指導をして、、

 

判断を間違えないよーにしてあげたい。

彼らの未来をかがやかせたい。

 

公立の中学校を経験して、もしやりたいと思ったら教育委員会とか大学院とか。そういうのも良いんじゃないか?

 

なんだかすっかり大学院という道が遠くなってしまつた。逃げの選択でもあったのかもしれない。むしろ、英語からの逃げだったのかも。英語はしっかりやる。腹をくくるぞ……。

 

こういうの、恥ずかしいけどね。

意見を変えるのを恐れてたこともあったけど、もうそういうのは辞めるんだ。柔軟に、柔軟に。

 

 

遠回りの人生、か?

社会人の私の未来予想図

 

現在、大学時代に非常に憧れていた某高校の教員

同じ学園の中学校に異動

結婚?公立中学の教員になる?大学院を卒業?

教育委員会?大学教授?

 

少しずつ現実的になってくるだろーなと思う。はてなの部分も。楽しみだ。

 

遠回りしてるのかなって思うときもあるけど、考えてみると全然遠回りじゃない気がする。必要な道をしっかり歩いていると思う。