なにかを好きだと思えること

 

私はいままで、なにかを恐れて、他人を恐れて、自分のことを発信するのにすごく時間をかけたり発信せずにいたりしたから、自分がなにを好きかも分からなくなっていた時期があった。

 

 

その時期って、なんとなく人と会えば会うほど自分の価値はあがると思っていた時期と重なっていて、最初は楽しくて会いたくて幸せで予定を組んでいたのにいつのまにか義務のように予定を入れて、予定が詰まっているのが私、というアイデンティティを作り込んでしまっていた。そうなってくると、自分が好きなこと、したいことがあっても、予定のせいで出来なくなって、自覚なしに忙しいからしたいことがわからなくなって、慢性的な睡眠不足やら栄養不足やらで、よく分からない状態になっていたと思う。やれやれ。

 

 

あの頃のマイナス面を活かして今がある、と思えばそれはそれで良いのだけれども。もちろん、ポジティブな思い出のほうが多いし、その頃の予定帳やメモやSNSを見ると、私は本当に幸せそうで人気者で、なんだかかわいすぎるところもあるけれど純粋過ぎてもいるけれど輝いてもいて、良かったな、とは思う。

 

 

回想してしまった。そんな私はやっと生活も落ち着いて好きなことを発信できるよーになったよ、という話を書きたかった。研究が好き、という気持ちを大学時代に話したことがなかったことに気付いた。なんでか、友人たちに否定されたり質問されたりするのがこわくて、まだ自信がなくて、言えなかったのだ。いまは好きだということに自信があるから、頑張れているんだと思う。そして、発信できるんだと思う。

 

 

先日、あるミーティングに参加して、いまの自分の職場への満足度を点数化したところ、なんと100点と出てしまった。

なぜなら、大学院に通わせてもらって、仕事も前より慣れてきて、平日の居場所が2つあることでひとつのことに悩み過ぎることがなくなって、すごく良い感じ、ずっとこれを続けていきたい!という気持ちだからだ。そりゃ楽しいことばかりではなく、難しいことや責任がのしかかることもあるけれど、それ以上に幸せな気持ちが強い。本当に、これを一生続けたい。お金を稼ぎながら、研究を続ける。。いまの職場と大学院だからこそ出来ている。今後、博士課程に進むとしたら、どうすれば良いのかな。この気持ちがとりあえず夏まで続いたら、相談してみようと思う。(もちろん、100点は諦めと妥協もあるとは思う。教育って時間と場所はどうしても拘束されてしまうから、それが嫌だったけれど、いまは別にそれもやりがいにフォローされるようになった。なってしまったのか、それとも、やっとそれくらいのやりがいを感じられるようになったのか……)

 

 

話は脱線するけれど、自信に関連する話だから書き記しておく。私は正直、いままで、すごく結婚に焦っていたけれど、いまはそうでもなくなった。焦っていたときには焦っていることに気付かなかったけれど、自信がなくて焦っていたんだと思う、私って先の見通しがつかないことが本当に苦手だったから。でも、やっと、そういうものもあるって、本当の意味で理解できた。先のことなんて分からないんだから、ぼんやりとした感じでも良いんだ。ぼんやりと、幸せを考えていこう。会いたいって思える人と時間をすごそう。

 

 

結婚したい気持ちはあるけれど、焦る必要はない。そういう穏やかな気持ちになれたのは、本当に、ここ最近大学院も仕事も充実していて、それで結婚しなくても良いなあと思っていたところに、母から、えーでも結婚って良いよ、と声をかけられて、全然、すぐにする必要はないけれどきっと楽しいからいつかは幸せな結婚をしてほしいという言葉をもらって、そうだね、とストンとその言葉を受け取ったから。いろいろあるけれど、家族の力って偉大だな。

 

 

父親の悪いところも母親の悪いところも私と似てる

 

そういうことに気付くと、泣きたくなるし、どうしようもなくて死にたいなと思う。

 

父親はずっと、ずーっと発達障害気味で、根本的なところが改善されなくて、私をイライラさせる。言い訳するし論点をずらすから腹が立つ。母親は最近、疲れると暴言をはく。あ、あ、あ、まずい、まずい、まずい、どんどん下り坂になって、そしたらもうどうしようもなくなる。疲れが疲れをよんで、もうどうしようもなくなる。そうなったら、私もどうすれば良いのか分からなくてあたふたするだけ、父親もそう。それで父親は怒鳴ったり言い訳し始めて、ああもう本当にどうしようもなくなる。死にたくなる。

 

それでも父親にも母親にも期待しちゃうから、うまくいかない。

 

私がいるからうまくいかない。という疑惑もある。母親と父親と弟は、3人で過ごしててもそれぞれ2人で過ごしていても、どうにかやっていけているらしい。どうにか、というよりも、スムーズに。それ、話の流れで思わず聞いてしまった。そしたら辛くなったというより、そういうことか〜となった。もちろん辛さもあったけど。母親と弟から聞いて、2人は無邪気に笑ってたけど。なるほど〜〜!やっぱりそうだったんだ〜〜!となった。

 

母親の昔話を聴くと、悲しくてかわいそうでたまらなくなる。一度は泣いてしまったこともある。父親と結婚して、私が生まれて辛かったこと、それまで全てうまくいっていたのにうまくいかなくなったこと、うまなければ良かったと思ったこと、ヨーロッパにいつでも行けると言われたのに未だに連れて行ってもらえていないこと、うちにお金がないこと、私にお金がかかったこと、私に手がかかったこと、友人の話、きらきらした思い出、それが私のせいで、父親と結婚したせいで全部、すごく苦労することになったこと。苦労の発端が父親、そして私。

 

かわいそうでどうしようもなくて、生まれてごめんねと思った。お金も手もかかってごめん、父親と結婚して私が生まれて、私は母親が幸せなら、生まれなくても良かったよ。いまからでも、これから母親が幸せになれるなら、命は無かったことにしても良い。父親と結婚せずに、もっと素敵な、お母さんが幸せな人生を歩んでほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当は生きていたい。本当は、みんなで幸せに暮らしたい。でも、なんでか、うまくいかないんだ私の家族は。そうなってきたら、もう、私が消えるしかないじゃんか。

 

 

 

逃げじゃなくて良かった

 

大学院に通い始めて、まだ1ヶ月目だけれど、博士までずっと許される限り、受け入れられる限りは学び続けたい。というか、絶対その道を見つけて、勝ち取って、研究し続けたい。と思う。だって本当に本当に幸せだから。

 

人に依存しない、自分自身の真の喜びを感じる。

 

大学院に行きたいなぁっていう思い、これがもしかしたら目の前の教育からの逃げかもしれない。そうだとしたら困ったなと思っていたけれど、そうじゃないことに気付けたよ。

 

まだ気が早いかもしれないけれど。自分自身の幸せを見つけられた私は、さらに美しくなると思う。頑張ろうね、私。

 

健康に気をつけつつ、がんばっていこうね。

 

 

あ、もう大丈夫だ。と思った

 

先日、前の職場の人から突然のお誘いがあり、21時から支度を始め、バスと電車と車で移動し、5人でオールをした。一緒に過ごしながら、「なんなんだろうこのメンバーは。一緒に過ごしているのって不思議だなぁ、しかも全然緊張しなくて、楽しい。」と思っていた。

 

「素」の、肩の力を抜いた私がそこにいた。なんとなく前の職場を恨んでいたときもあったけれど、それも無くなった。改めて久しぶりに会って話してみると全然、悪いひとたちじゃなくて楽しくて、私をずっと受け入れてくれていて、全部良い思い出になっていた。

 

ひょっとしたら、私だけが壊れていっていたのかもしれない。あの環境の中で。あの頃の私は本当に苦しんでいたから、今の私が当時の私を責めることはできないし、反省も促さないけれど。ああいう私でも受け入れて、愛してくれてたんだな〜と思った。この先輩たち。ありがとうございました、と思った。

 

男の先輩4人と、それから私。5人でずっと過ごしたけれど、なんでだろうって思えるほど、本当に楽しかった。

 

ちょうど、なんとなく物足りないけれどお風呂に入って、なんとなく外に出かけたいけれど眠りにつこうとしていたとき。そんなときに電話が鳴って、急遽会うことになった。すごくすごく、タイミングが良かった。

 

一緒に過ごしながら、すごく不思議だった。一緒に楽しくいられていることが。初めて、あの1年間と環境と自分の頑張りと苦しさと、一緒に過ごした先輩方を肯定できた気がする。不思議とモヤモヤしていたこと、恨みも、全部消えた。あの楽しい数時間のおかげで。

 

あの楽しい数時間、先輩たちがあったかくて、見守ってくれてて、私もずっと楽しくて、すごく幸せだった。本当はあのなかにずっといたのだとしたら、私のあの苦しさはなんだったんだろうと思う。あるいは当時は違ったとしても、良かった、改めて出会うことができて。そして、そういうあたたかさに気付く私に戻れていることにも気付けて、あ、私はもう大丈夫だ。と思った。

 

 

 

 

 

 

触られるのが苦手だった私

 

私は自分の匂いや体毛や肌やその他もろもろなんかが(今思い返すと)異常に気になって、人から触られるのが本当に苦手だった。

 

彼氏から触られるのは気持ち良かったけど、だんだん冷めてくると嫌だったし(これは当たり前か、)なにより常に緊張していた。

 

女の子同士でも男友達でも、頭ぽんぽんされたりハグされたり握手、その他触れられるのが本当〜〜に苦手だった。別に我慢はできるんだけども。触るのは別に、、まあ積極的にはしないけれどまあまあできた。

 

社会人2年目くらいまでは、そんな感じだった。

 

ちょっとずつちょっとずつ変化して、ついに、美容師さんに触られるのもメイクさん(?コスメショップの店員さん)にお化粧されるのもノンストレスになった。リラックスして、気持ち良いと感じられるよーになった。

 

これが大多数の人にとって当たり前なんだと思うと、すごい。良いなぁ。でも、私もやっと仲間入り。でも、きっとこれは繊細な部分だから気を緩め過ぎないようにしよう。

 

 

趣味は旅行です。

 

趣味が旅行と思えるくらい、旅行が好きになれて良かった。こう思えるようになる前は、みんなそんなに行きたくなくてもその場のノリで「行こー💓」って言ってると思ってた。私がそうだったから。たまに本気で行きたいときがあって、そういうときは「ああ、こういう行きたさもあるんだな」なんて変なことを思っていた。だって、いつもは別に行きたくないのに行く〜!なんてはしゃいで、結局行っていたから、なんだか自分の気持ちも楽しさもよく分からなくなりつつあったのだ。

 

私は旅行は苦手だったのだと思う。今はそうでなく、好きだけれど、それまではどうにも苦手だった。いや、正確にはもともとは好きだったのだけれど、大学生になってしばらくして、いつのまにか日々の生活に追われて、旅行までの余裕が持てなくなっていた。最高の仲間と旅行に行くステータスは捨てられなくて、いつも自転車操業で行っていた。疲れていても行ってしまえば良い思い出になることは分かってた。(あるいは、良い思い出に無理やりにでもできた)

 

でも最近は、ほんとに行きたい!と思って旅行に行ける。余裕があるからだと思う。そういう生活になって本当に良かった。

 

痛々しくも必死に、ときに全能感で輝きながら生きていた日々を愛おしく思えるくらい、これからの人生を大切に生きていきたい。

 

 

文字にしておくと、分かる

 

どれだけ私が追い込まれていたか……

その当時は分からなくても、これが当たり前、寧ろこの環境に感謝しなければと思っていても。

 

社会人1年目、ニュージーランドの留学からよく考えたらメンタルやられていたのに、そこから復活しきれないまま始まってしまった。

もしかしたら、その前からちょっと疲れ気味だだったかもしれないけれど、疲れていながらも割とイベントにも飲み会にも授業、友達とのいろいろにも参加してたから、やっぱりニュージーランド留学の経験が精神的にきつかったかなと思う。

 

私は基本的に、環境にも自分の選択にも愛を持っていて、どんな人生でも肯定できるように、どんな選択でも正解だったと胸をはれるように、そんな風に生きようと思っているし、体現していると思う。でも、社会人1年目。ちょっと振り返ってみると、社会人1年目の内容だけは肯定しきれないと思う。

 

中学校2年生のとき、生意気にも、「これで人間との付き合い方は大体分かった、世の中には裏と表がある。」と悟りをひらいた。でも、社会人になって、私が知らない世界や価値観もたくさんあって、必ずしも私は大切にされないということが分かった。いままでは愛されてすくすく育ってきたんだな〜……と、皮肉なことに、大切にされなかった経験から気付いた。

 

それでも、お酒を奢ってくれたりラーメンやうどん、夕食を食べさせてくれたり、そういう先輩たちだった。私の下の名前をよび、優しいときは優しく、おもしろいことを言っていろいろ笑わせてくれた。よく触られたけれど、それも別に嫌じゃなかった……なんでだろう?ある意味で防衛反応だったのかな。

 

でも、正直、仕事は自転車操業のようにギリギリで、余裕がないせいで質問は許されず、私ももうベテランのよーに仕事を任され、辞めると言ったら急に更に精神的に仕事がきつくなり、最後のひと月は職員室にいるのが辛かった。ある上司とは会話をするだけで、話しかけられるだけで涙が出てくるようになってしまった、それでも仕事はやりきった。涙が出てくるけれど、仕事か終わらないからやるしかなくて、書類に涙をつけないよーにねなんて言われながら、頑張っていた。必死で。

 

そう、辞める……そのせいで、仕事量というより先輩たちのキツさが、被害妄想かもしれないけれどどんどんじわじわ私を蝕んでいった。でも、辞めるんだからしょーがないなんて思っていたけれど、ほかの世界の話を聴くと、全然違って、私の世界がおかしかったみたいだ。

 

そんなこんなで書いていた文章は、まあ読めば分かるけれど支離滅裂で、辛いのを必死に隠そうとしながら書いたよーな文章だった。大学や高校の同期、先輩からたくさん「いいね」とコメントをもらって、そのあとも会うと「あの記事読んだよ、大丈夫?」と言われた。私は、きょとんとしてしまった。必死に隠していたのにどうしてかな?と。(そもそも隠しているつもりもなく、私は元気!頑張っているよ!辛くないよ!というのを全面に出したつもりだった。いまなら強がりだと分かるけれど)

だから、会話でもまた強がって返してしまったけれど……。

 

考えてみると、あの1年間のせいで一旦私らしく、愛をもって積み上げたものを、また一から積み上げることになってしまった。容姿も、内面も、精神的、身体的、健康面も全部、自分を作り直さなきゃいけなかった。考え直して、つくりあげて、自分のことを考えて。でも、それは唯一良かったことだと思う。あんなにボロボロにならなくても、ごまかしごまかし進化できる人もいるし、むしろもっとうまくやれる人だってたくさんいる。でも私にとっては、あれくらいガツンとこなければ、その後の人生をより良くしていくことはできなかっただろう。

 

……あ、それだったら、良かったな。

 

あの頃書いた文章は、一応残ってる。


お仕事は、高校教師なわけですが、楽しいです。泣くこと増えたけど、注意されるけど、怒鳴られたこともあるけど、忙しいし、大変なこともあるけど、悩むこともあるけど、悔しいこともあるけど、周りの先生に恵まれ、叱咤激励されつつ、楽しくやっております。まああいかわらず、よく笑ってると思う。ちなみに1年生の担任もってるよ。愛しいよ。生徒のこと大好きだよ。愛しいからこそ注意できるのね。教員って楽しいよ。おもしろいよ。

 


昨年は簡単にいうと、濃い1年でした〜〜〜。楽しく生きていましたが、日記とかツイッターとか見返すと色々考えたり悩んだりしていたのね、って感じです。体調崩したこともあったし。

 


とりあえず、振り返ってみると(多分途中で面倒になってはしょるけど)、1月の卒業研究発表では、すごくやりきった感じともう少し研究したいって思いがありました。で、2月は忙しかった、台湾行って引っ越しして、それからニュージーランドへの留学。

 


でですね、あんまりこれ他の人に言えてなかったんですが、ニュージーランドで、すっごくすっごくすっごく苦労した。帰りたい!!!ってなった。帰らせてくれーーー!!!辛い!!!死ぬううう!!!!っていう経験になった。これ言うの、なんか悔しい?感じがして、あんまり言えなかったんですけどね。だってあんなにすごいお金払って、こんなに苦しい思いするのってどーなの??なんかかっこわるくない??自分で選んだくせに泣き言言うなんてどーなの、なんて思っちゃって。

そう思うんだけど、ホストファミリーとうまくいかないし、留学だって海外研修だって海外旅行だってしてるのに、そこらへんでは結構うまくやれてたのに(って書いちゃうところがまたプライド高いよな〜と思うけど)、ここまでうまくいかないの初めてで、苦しいよう助けてよう、ってなって結構、というかかなり、性格変わっちゃってた。だからそのときのツイッター(裏)は、かなり荒れてる。英語で荒れてるので最悪。もう読みたくない。酷い。もうやだ、あの頃の自分ってば。

 


で、3月に帰国。肌がめちゃくちゃ荒れてた。家族がびっくりした。今までで一番酷かったかもしれない。しれないっていうのは、帰国するまで余裕なくて、あんまり自分のこと気にかけれてなかったもんで、分かってなかったんだよね。いやーーー、ニュージーランドでストレスめちゃくちゃ感じてたからね!!!!!!最後の1週間はわりと良い感じで過ごしたけど、それでも。そのまま卒業式だったので、写真が・・・なんだか残念だったし、肌あれはなかなか治らず、今やっと、やーーーっと良くなってきてる感じ。まぁ仕事始まって、仕事も最初から楽しいは楽しかったんだけど、思うようにいかないこととか多くて、やっぱり4月からも、またニュージーランドとは違うストレスを感じてたんだろうな、と思います。結構早い段階で「慣れた!!!!」って思ってたんだけど、いや・・・慣れてなかったね。結局、慣れたのって11月とか12月くらいじゃないの??って思います。今考えると。つい最近だ。

 


4月5月は、知らないことばかりで、それがストレスでした。分からなくてもやらねばならず、聞くことばっかりで、つまずきながら必死で走ってる感じだった。いつのまにか、その感覚は無くなっていたけど。今振り返るとこわいけどね。よくなにも分からずやってたもんだな!って感じ。今はあの頃よりは生徒もみれてるし、考えられてる・・・かも。なんて言ったらずうずうしいかなぁ。まあ、充実してるよ。仕事充だよ。

 


さて、他にも色々、仕事や将来のことに関して、今までの思い出に関して、もっと語りたいところですが、それはまた次の機会に。というか会ったときに話します。だって、もうお酒抜けてきちゃった(笑)もう書くのや〜めたっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!おやすみなさい。次は、もっと素敵な文章を書きます。

 

そう、もっと素敵な文章を書いていきたい。こんな必死で余裕がない文章でなくて……。