読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

他者なので、と諦める


以前付き合っていた人たちは、みんな良い人だったと思う。なぜ別れたのかと言われたら、それぞれ理由ははっきりしないが、ひとつ言えることは、私がすぐに諦めていたからだ。他者に期待をしていなかったのである。そして、他者に執着していなかった。

私は、相手が変わってくれることや、自分が相手に歩み寄ることに対して、すぐ諦めていた。友人や知り合いの恋愛は、私のものと似ているようでまるで違ったと思う。真摯さというのか、人間関係というのか、ジャンルが違うような。

他者の恋愛の愚痴を聞くたびに、喧嘩や価値観の違い、不満があるのに付き合っているなんて、どうして?と思っていた。私は基本的に愚痴は漏らさなかった。じっくりことこと、胸の中で煮込んで、こういう思いまでして付き合う相手だろうか?とよーく考えて、そして別れる。よく周囲を驚かせていた、全然予兆をみせずに別れるから。相手からしても予想外だったかもしれない。

一方的な恋愛ばかりだった。一方的に好きになってもらったり、好きになってしまったり、ああ。酷く、恥ずかしく思う。

これまでのことを経験値として、今の方が素敵な恋愛をできると思う。でも、残念なことに、恋愛欲求はおさまっている…