読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きっちり3時間のデート


その人は同じ大学の先輩だった。よく映画をみるデートに行った。

デートで映画って定番だと思うのだけれど、その人との映画デートは他の人とのものより楽しかった。と記憶している。知識量が多くて、伏線や関係性にうとい私に、あとから解説をいれてくれたから。

その人から映画の話を聞くのが好きだった。自分からみたくないようなバッドエンドの物語も、その人から聞いて、見た気になっていた。映画に関してはその人は話上手で、私はせがんで色々な映画のストーリーを話してもらっていた。

その人は多分、半年とか1年くらい、もしかしたらそれ以上、私のことを好きでいてくれたと思う。毎日のように連絡をくれていた時期はいつのまにか終わって、私の最寄駅に来てしまうこともなくなって、ほっとした。3時間以上デートすると、もう顔も見たくないくらい気持ち悪く感じてしまう相手だったから。

それでも、3時間はその人といるとすごく楽しかった。映画の時間も込みで、電車で一緒に移動する時間も込みで、3時間。あれ、このままいても心地よいのでは?と思わせてくれるような時間、だけどやっぱり3時間以上は一緒にいられない。

こういう関係だったけど、まるで付き合った人のように影響をうけた。素敵なお祝いの仕方、その人とみた映画と、その人が紹介してくれた映画を好きになったこと。

たまにその人の言葉に触れたくなって、SNSをのぞいてしまう。会いたいというよりは、これくらいの距離がちょうど良いと思う。