読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

山形のてる君を好きになった話

 

地方に行ってる友人もわりといる。

てる君は山形県の銀行員をやってて、学生時代もなんとなく仲良かったからたまに会う。たまーに。

 

一緒にいて楽しいね、としか思ってなかったのに、この前会ったら好きになってしまった。なんでだろーね。一緒にいて楽しいからかな。

 

てる君はすっごく優しい人だなと思う。でも風俗行ったりぱちんこ行ったり、くちゃくちゃ音を立ててご飯食べたり、する。でも一緒にいて楽しい。

 

すっごく好きだなー、付き合いたいなー、って思ってたんだけど、駄目だってことが分かった。

 

遠距離ってことはあんまり関係なくて。

 

私のことは好きじゃないし、友達とすら思ってないのかもしれない。てる君は自分に自信なくて、誰のことも優先出来ないっていう人。そういう人って誰のことも好きになれないんだと思う。付き合えそうで、付き合えない人。そういうところも昔の私と似ていて気になっちゃうんだけども、いまのままじゃてる君は私と幸せになれないかな、と思った。もうちょっと私のことを特別に思ってくれれば、付き合いたいんだけど、そんな感じは無いみたいだった。

 

だから、おしまい。次の恋愛へ行く。

 

25年間生きてきて気付いたのだけども、私は恋愛が苦手みたいだ。