読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嫉妬

 

私の学校がまとめられて、本になった。

外部の研究者がまとめてくれた本、フィールドノートやインタビューがおもしろくてガツガツ読んだ。でもチラリと浮かぶのは、これは私がやりたかったことだってこと、嫉妬の思い。

 

私だって素晴らしい学校だって、魅了されてここにいる。でも教師になったいまと、恋い焦がれて憧れてた当時の気持ちが全く一緒かと問われれば、答えはノーだ。

 

私もそちら側に行きたい。素晴らしい学校であることを信じて疑わず、学校を考察し生徒を考察し、見学し、インタビューし、感謝の気持ちを込めて本を出版したい。

 

私だって。