読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コミュニケーションや人間関係を学ぶ

 

上記代名について、学生の頃はあんまり意識したことなかったなと思う。学問的なものは別にして。(私の大学時代の専門はコミュニケーション学だったし)

 

自分自身の人間関係やコミュニケーションが特に変化しているとか向上しているとか思うことってなかったのだけれど、ここ数年そう思うようになった。

 

中学生や高校生の頃は、誰とでも仲良くしたい時期。大学生の頃は、みんな最高!感謝!な時期。ずっとずっと人間が好きで、好かれていたくて、生きていたと思う。みんなから、また会いたいと思ってもらえるように、相手に合わせる自分でいようと思ってた。結局自信がなくて、ペラペラの自分が目立ってた。

 

最近は、誰とでも仲良くしたいとは思わない。誰にでも好かれたいとも思わない。私の魅力をそのまま伝えて、お互いに尊敬しあえる関係でいたい。気を使い過ぎたくない。一緒にいて楽しい人と一緒に過ごしたい。

 

個性的なのも(そう言われるのも)気にならない。昔は独特な自分を隠そうとしていたけれど、そういう自分が好きになった。

 

服装も、昔は他の子の服やキラキラしたガーリーな服を着た女の子を見ると羨ましくなったり自分の服が恥ずかしくなったものだけれど、いまは着たい服を着ている自分が一番素敵だと思う。それが多少、個性的な服であっても。

 

そういう自分になったので、コミュニケーションや人間関係も良い方向に変化している。

コミュニケーションでもペラペラへらへらしていないし、人間関係も悪いと判断したものは断捨離している。だから、楽しいものだけ、きらきらしたものだけが残る。大切なもの、大事にしたいものが。

 

おもしろい日々、楽しみに思える日々が私を待っていることが幸せだ。いままでは予定がぎちぎちに詰まっていて、それなのになかなかワクワクできないこともあった。予定に追われて、そんな自分にステータスを感じていたもので、なかなかやめられなかったけれど、もうやめた。良かった。

 

ここまで来るのに、本当に回り道したと思う。回り道でなくて、必要な困難だったのかもしれない。人間関係を知り、学び、相手を大切にするための。もしかしたら、まだ私の域まで来れていない人はたくさんいるのかも。あるいは、別にここまで来ることを望んでいない人もいるのかも。

 

私は私らしく生きるっていうことがあんまり分からず、いろんなものに影響を受けて(それは良くも悪くも)生きてきた。これからは私らしく生きるってことを大切にしつつ、いろんなものに良い刺激をもらって私のための人生を生きていこうと思う。