読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

余裕があれば人生は楽しい

 

カツカツに、ギリギリに生きていくもんだと思いこんでいたし、それがかっこいいと思っていたけれど。そうではないことに気付く。

 

仕事仕事仕事ーーー!で生きていくのは辛いし、目の前のことから逃げたくなってしまう。

遊び遊び遊びーーー!って予定をカツカツにするのも一瞬は楽しいけど後からジワジワ体を崩していく。

好き好き好きーーー!って恋愛をするのはシンプルに良くない。冷静さがあったほうが相手のことも自分のことも好きでいられる。

 

仕事もプライベートも余裕があってこそ。

 

そんな私にはいま、余裕があります。

 

公務員とか考えてた時期もあったし、多分また考えることもあると思うけども、やっぱり教員を選んで良かったと思うのです。教えるのって楽しいし、色々考えるのもおもしろいし、うまいって言われると嬉しいし、勉強も工夫もできるし。周りの人たちって基本的に面倒見が良いし。割と、自分次第で時間を作れるし。(毎年毎年忙しくなるって聞くから、今後同じように思えるかは分からないけども)

 

いま、始めたいのは院試の勉強とフラダンスと小説・文章を書くってこと。

 

院試の勉強は図書館でやろうかな、フラダンスは吉祥寺で出来そうだな、小説についてはこのブログを書き続けよう。あと、文学フリマなるものに行ってみようと思う。それまで書き続けよう。どこかのサークルに入れてもらえないかな。

 

上手に時間を作って、美しく余裕を持って生きる人になろう。