読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かに聞いてほしくて、でも聞いてくれる人は誰もいません。

 

うちの学校に変化があるらしー。来年から。

 

来年の様子をみないとなんとも言えないけども、再来年に大学院行きながら仕事…っていうのが難しい感じになるかも。というよりも、そこまで仕事に対して思いが無くなる危険性がある。

 

私はこの学園に愛を持っているけれど、影響力のある先生が来年からもっともっと力を持ってしまうかもしれないみたい。まあ、どーなるかは分からないんだけど。杞憂で終わるかもしれないけど。でもねえ、そもそもすごい影響力を持ってらっしゃりますからねえ。……こんな書き方すると、私がその先生のこと嫌いみたいだけど、別に嫌いじゃないよ、ただ……傲慢さを感じる。私とは違う世界を生きてきた人って感じがする。

 

その、影響力のある先生はおそらく評価されるべき先生だし、言うことはもっともだと思うことも多いんだけど、あまりにも独裁的過ぎる(正解を自分の中に強〜〜く持ち過ぎている。自分の正解を強く強く信じ過ぎている)。

 

学生の頃、この学園に出会って、ものすごく嬉しかった。そして、うちの学校の方針に惚れ込んでいた自分。

 

でも、日本に……公立にも、この方針が、もう時代が時代っていうこともあって、広まりつつあるし、より良い教育現場になりつつあるし、私もそこに貢献するにはどうしたら良いんだろ?と思う。その輪に入れて、って思う。私も一緒に考えたいから。

 

ここの学園の中でだけじゃなくて、ここにずっといるんじゃなくて、もっと色々な世界を見たいし考えたいし、もっともっと、、なんだろう?いろんな人と考えて、意見交換して、より良いものを追い求めたい。勉強したい、一緒につくっていきたい。

 

 

もっと……日本の一部になりたい。ここだけで終わりたくないの。日本の教育に貢献したい。もっと、もっと……。ああ、言葉にならない。