読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。

リマインドとして、私のために書いておく。読み終わって、「あらら読み終わっちゃったよー、もっと読みたかったよー」と思った。 ■覚えておくこと ・自分が予測しないところで誰かが自分を見ている ・人は自分を助けてくれるものにお金と時間を使う ・収入と…

あたしは甘えるのが好きだ

家族に対しても、誰に対しても、うまく甘えられなかった。社会人一年目までは。 社会人一年目。あたしはある教員に騙されて(とは言っても、私にも進んで騙されてしまったようなところはあるので、反省。)色々辛い思いをしてしまったのだけれど、彼に出会え…

2016年の手帳を見返す

見返して見ると、すっごく良い1年だったと思う。美しい思い出たち。 私はいま、「もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある」という本を読んでいる。じっくりと。 読んでいて、うんうんそうだよねと思うこともあるし、ああこれはやってみようと…

クリスマスイブには、すっごく幸せそうに眠っていたらしい

サンタさんのプレゼントにワクワクしながら弟と一緒に階段を駆け上がったことや(私たちの寝室は二階で、あんなにワクワクして眠るのに起きると忘れて下に降りてしまうのだ。そして「プレゼントあった?」の言葉でハッとして、ワクワクをこらえきれずに笑い…

コミュニケーションや人間関係を学ぶ

上記代名について、学生の頃はあんまり意識したことなかったなと思う。学問的なものは別にして。(私の大学時代の専門はコミュニケーション学だったし) 自分自身の人間関係やコミュニケーションが特に変化しているとか向上しているとか思うことってなかった…

そのとき、そのとき

そのときそのときの感情って違うから、その感情に素直になるのが良い。 好きだと思ったら行動する。 食べたいと思ったら食べる。 嫌だと思ったらやめる。 感情はどんどん変化するものだし、その感情を無視するのはもったいないなと思うようになった。 コント…

家族と過ごしているときの私

家族と過ごしているときの私って、良い顔してると思う。楽しいし、ありのままでいる感じ。いままではなかなか恥ずかしかったけど、いろんな要素のおかげで(私の反抗期が薄れたとか、ままもぱぱも弟も私も年を重ねたとか、大人になったとか、いろいろ。)ど…

人生って一度しか無いの?

ふと、電車に揺られながら考えていた。 人生って一度しかないんだな〜と。何度か気付いてたんだけど、また忘れてた。いろんなものに流されていた気がする。 とりあえず、私っていう人間の人生は一回しかない。それならなりたいものになれるように頑張ったほ…

最高の思い出

一体何人の人が私の文章を読んでくれるのでしょうか?実は私の夢は、「ここで働くこと」「教員になること」以外にも幾つかありまして、その中の1つが「作家」になることなんですね。だからこうやって自分の書いた文章が冊子(文集)にまとめられて、たくさ…

マウンティング女子

忘年会にて。久々に会うとみんななんとなく落ち着いていて、私も落ち着けて、嬉しかった。 焦る感じ、気を使いすぎる感じが無くって、幸せな空間だった。 学生時代に嫌いだな〜苦手だな〜と思うような女の子がいて、その子とも久々に会った。なんで苦手なの…

バースデースピーチ

25歳になります。24歳の1年間は、任せてもらえることがあって嬉しく思う反面、力不足でもがく場面も助けてもらうことも多くありました。 そういう日々を過ごしていく中で、ふと、「教員という仕事を選んで良かったなぁ」と思いました。大切に思える経験と愛…

3年生のあなたたちへ

卒業してしまいますね。なんだかんだ言って、寂しいですね。私はお別れに弱いところがあるので、だいたい12月頃からお別れに向けて気持ちの準備を始めます。卒業についてもそうだし、留学からの帰国のときも、恋人との別れのときも。だから、みんなが騒ぎ始…

にきびと私

私のにきびも落ち着いてきました。ここに就職して1年目の私は、顔中ににきびが出来てしまっていましたね。私も毎日鏡を見ながら、「あーあ」と思っていました。「ここで出会った人たちは、私のことを外見を全く気にしない女だと思ってるんだろうなぁ(だっ…

48歳のくさくて太ったおじさんに騙されてた話(しかも当時の私は華の23歳)

私には、若いゆえに騙されちゃったな、と落ち込む経験がある。若くてしかも悪い人に会わずに(会っても守られて)生きてきちゃったから。 ある人から飲みに誘われて毎回断れず、多いときは週6で電話が来ていた。 もうあの人のあの頃の言動は思いだすと気持…

卒業文集は短編集

約100人くらいの人に読んでもらえる文章を書くのかぁ、嬉しいなぁと思う。読んでくれない生徒もいるだろうけどさ。 毎回変えたくなる。わりと、同じ文章を載せている先生が多いみたいだけれど。テーマは毎回違うのにうま〜くちょっとだけ変えて、同じ文章を…

辞めてやる!と思ったり、一生続けたいと思ったり

教員ってそういうのの繰り返しなのかも? というよりも、私がそうなのかな。 いまは幸せ。自分も楽しくて、きっと相手も楽しませられたという日を過ごせたから。良かった。 今日という日があって、良かった!と思ったから。 仕事が楽しい。でも、休日も好き。…

観たら好きになっちゃう

別に年末年始じゃなくても良いと思うけど、おすすめはgleeです。数年前のNHKでの放送を観ていて、これシリーズ全部観たいなと思った人は多いはず。私もそんな人たちの1人で、Netflixに入っていて感動した。好きだから、授業でも使った。 Netflix、私が観た…

テキトーさ、向き合えなさ

私は人とまっすぐ向き合ったりよく見たり考えたりすることから逃げてしまう。あるいは、そういうことが非常に苦手だなと思う。 教員なのに。 一応、きっかけは「疑い」だけど、疑うところから向き合えるようになってきたと思う。……といいつつも、いまだに私…

めんへら先生

辛いことがあってツイッターに書きだす。 「あ〜〜辛いでも、頑張らなきゃ!」 「疲れた〜〜!」 「悩むなぁ。しっかり考えたい。」 反応もらえるのを期待せずに投稿してたはずなんだけど、社会人になってなんの反応ももらえなくなって、あれ?と思った。………

死んじゃえ!

酷い言葉を投げられて バカにされて 全然話を聞いてくれなくて みんな話したり笑ったりしてて クラスの中にだーれも味方がいないように思えて 肌荒れのこと言われて 死んじゃえって思った。 私、こんな人たちに馬鹿にされるような人生送ってないから!私はこ…

人生と仕事

ふと、人生があんまり楽しくないかも、なんて思うなんて。絶対そんなこと認めなくないようなプライドの高い人間だったのにね〜 仕事なんて楽しいと思ったことないよ、って言う人は多いと思う。でも、そうじゃなくて、私はいま周りにいる人たちのことを好きに…

自分の寂しさにぞっとしてしまって悲しくて泣きそうになった

どこかワクワクした気持ちを持っていた。「何者」の映画を観終わって、小説の「何者」を読んで。ちょっと間に洗濯をしたりシャワーを浴びたりしながらもワクワクしていて「なんでワクワクしてるんだっけ?…あ、何者の続きを読むんだった!」って、胸を高まら…

「何者」は苦しくなるから読めない

と思って、買えていなかった。確か本が発売されたのが私が就活を終えたばっかりの時期か、あるいは終えたけれど就活を生々しく覚えていた時期だった。私は本を立ち読みしてから買う派なのだけども、立ち読みしていてあまりにもリアルで痛々しくて、ぐうとな…

部屋は散らかっているけれど、大丈夫

先のことを細かく想像して考えるっていうことがすごく苦手だと思う。先を読んだり、未来のことを考えたり、おおまかなことは分かるのだけれど、細かく細かくリスクを想像して仮の未来をつくりあげていくことは苦手。 部屋は散らかってしまっているけども、大…

ぐぐっと満足感を感じる予定帳

何度かツイッターやこのブログに書いたような気がするけれど、私は予定を詰め込みすぎる傾向があった。昔。そういう頃の手帳をふりかえってみると、楽しそうだしそういう時期があって良かったとは思うけど、同時に予定がぱんぱんでドタキャンしちゃったこと…

土曜日まで一生懸命働いて、時給は800円を切る

土曜日の補習で、生徒たちが全然質問に来ない。暇で暇でしょうがなく、職員室からパソコンを持って来ようか迷ったけれどそれも面倒だった。だから、調べると後悔すると言われて調べようとしてはやめていた教員としての私の「時給」を調べることにした。 あー…

あれは劣等感だったのか

業界最大手に就職した友達。会ってからすでに2日たっているのに、まだ心がきしんでいるのが分かる。新しい会社を立ち上げるために「けいえいこんさるてぃんぐ」をやっているという友達は、肌が綺麗で資格の勉強もしていて彼氏はかっこ良くて、「素敵な社会…

全部、挑戦するのが正しいと思っていた

逃げちゃだめだ!逃げるよりも、挑戦したほうが良い。無理だと思っていてもどうにか出来る。 そういう自信、あるいはチャレンジャー気質の私だった。だから、文科省の奨励研究を進められたときにも、迷わずやろう!と思った。良い機会になるだろうって血が全…

私の勤務先は底辺校だけど、でも私は底辺校を愛している

愛せるようになった。 なぜかっていうと、上司から「あなたらしくやれば良い」「あなたが楽しいと思う方向に進めば良い」と言われたからだ。 それまで私は、なめられちゃいけないとか厳しくしなきゃとか言うことをきかせなきゃとか、そういうことを頑張って…

生きていますか?

前回の記事の続きのよーな気持ちで書くので、こんなタイトルになってしまった。 5年後の自分へ、まず、私は生きていますか? まるで手紙のようだ。 そういえば、うちの生徒たちは合唱コンクールでアンジェラアキさんの「手紙」を歌うらしい。 あの歌詞は発…

キラキラしていて眩しいと思われるような人生を送る

溺れるナイフを読むと、いつも胸が高鳴る。 美しいと感じる。まぶしいと思う。 そういう人生を私も送りたい。 ものを整理していて、思い出の品々とかプリ帳とかみていて、過去の私が思いっきり青春を謳歌していて美しかった。 今の私も、振り返ったら美しい…

仕事を頑張っている自分が好きだと思う

学園祭が終了した。思っていることを書いてゆく。色あせないうちに。こんこんと湧き出るうちに。 ◆身の回りの人を(自分の好きな人を)褒められるのは嬉しい。自分の人生を褒められている感じ。 ◆親に来てもらった。私のクラスの生徒に会ってほしくて、限ら…

ありがとう、みなさま

わきあがってくる、教授とゼミ生への感謝。 そして、思ったこと。 私が楽しいと思える人たち、素敵だと思える人たち、尊敬できる人たちと一緒にいたい。プライベートでも、職場でも。 文科相のことを忘れない。(教授にメールする) 大学院に行く。 中学校勤…

普通に眠いので、あ、もう寝ようと思う

思いっきり普通のことを書いている。 でもこういう睡魔を規則的に感じられるようになりたい。 勉強をしたいけれど、まずは寝ることから始めよう。寝ないと元気にならないから。 明日は早めに退勤しなきゃ、クリーニング屋さんが来るから。おやすみなさい。 …

意外と部屋の中に不要なものがある

ふと気付いたのだけれど、結構ある。 服はだいぶ少なくなってきているのだけれど。学生時代にもらったアルバムとか手紙とか、いろいろ記入してある手帳とかまだ部屋にある。要らないな〜と思う。少なくともこの部屋には。 一回、実家に持ち帰してもらおうか…

休日のために生きる

ある先輩教師は言う。 「俺は、休日のことだけを楽しみに生きる」 へえ、と思った。そしてしばらくして、私もそうなるのかなと思った。あるいは、すでにそうなっているのかもと。休日が楽しみになってきたのは、私にとっての成長だと思う。休日を休日として…

自分の弟に持つ思いを、自分にも持つ

ふと、思った。 ちょっと昔の話になる。 弟は私とは違う中学校に行ってほしいと思っていた。弟は中学受験に成功してほしいと思った。弟は素直で可愛さ愛おしさのかたまりのような子だったから、絶対受かると思った。実際、弟は良い中学校に合格した。 私が落…

いまの決意をしたためる

★来年、大学院を受ける。 私の母校の教育学研究科か、 あるいは国立のT大の教育学研究科。 ★学園に移動希望を出す。 中学校勤務の希望を話す。 文字にしてしまうとたったこれだけのことなのだけれど、ドキドキする。難しく感じる。人間関係とか不安とか、色…

本当は抱きしめたかった

昔勤めていた学校に行ってきたら、いろんな思いが溢れて、結局泣いてしまった。 みんなが大人になったこと、いままで一緒にいれなかったこと、今日会えたこと、嬉しかったり悲しかったりした。言葉が出てこなくて、本当は抱きしめたかった。 心配な生徒もた…

おじさんに指導受けるの、いらいらする

どうしてそんな言い方するの? そんな言い方しなくても、私は反省しているのに。 そんなの言われなくても分かってるよー! でもそんなこと言えないから。 いつだったか、9月には爆発しそうだった。 あの人の言葉って、私を傷付けるためにあるみたい。ぐう、…

私の肌を少しずつ綺麗にしてくれるものたち

「あれ?先生、肌ちょっと綺麗になりました?」 こう言われて嬉しかった。言われたときにちょっと照れたの、バレてたと思う。 「アトピーだったんですか?」 うーーん、違う。私のは大人ニキビってやつ。私の顔はぼこぼこで、赤くって、もともと真っ白な肌を…

絶対禁止、とまではいかないけど止めたほーが良いんだなってモノ

12年間、肌がものっすごい荒れてた。ものっすごいコンプレックスだったから割と考えることから逃げていたけども、やっと考えられるようになってきた。 それで、だめだったなと思うものをつらつらあげようと思う。コンプレックスって言えないレベルのコンプレ…

出会い系アプリを退会した

出会い系アプリ。すっごく有名なやつに人知れず(友人には誰にも言わず)入会して、三ヶ月くらい使った。結局彼氏はできなかったけれど、もういいやと思った。付き合うって難しい。意外と私の中でスイッチって入りにくい、高学歴で教育の話を聞いてくれる人…

予定を楽しみだなぁと思う気持ち

この気持ち、いつのまにか忘れていたようだ。 いつのまにか、こなさなければいけない予定を自分でどんどん積み上げていた。それでもだいぶマシにはなったけれど、油断するとどんどん予定がぱんぱんになって、休日が私を苦しめることになる。 今週末はまあま…

余裕があれば人生は楽しい

カツカツに、ギリギリに生きていくもんだと思いこんでいたし、それがかっこいいと思っていたけれど。そうではないことに気付く。 仕事仕事仕事ーーー!で生きていくのは辛いし、目の前のことから逃げたくなってしまう。 遊び遊び遊びーーー!って予定をカツ…

そんなの当たり前、と思っていても意外と分かっていないこと

自分がされたら嫌なことは、相手にもしちゃだめ。 そんなの当たり前と思っていたのに、きちんと守りながら大人になったと思っていたのに、分かっていなかったなぁと思う。特に恋愛においては。 9月、デートしてて楽しいと思える相手に出会えた。でもなんと…

私は作詞家になりたい

いつ頃に思ったのかは覚えていないけれど、「作詞家」のことを思ったことはある。なぜこんなことを今書いているのかというと、それは「作詞家になりたい」と思ったことを思いだした、わけではなく。 「私が作詞家にならなくても、大丈夫そうだな」と生意気な…

9月は仕事を辞めたくなる

単純に、忙しいからね。書類がうまく進まないし、みんなピリピリしているし。 落ち着くと、落ち着いてくる。 きっと大学院に行っても、しばらくしたら「ああ、入るんじゃなかった」あるいは「ああ、仕事を辞めたい。来年には絶対に辞めてやる」と思う時期が…

しっかりと睡眠を取ってね

私に呼びかける。 卒業文集にはメッセージを書かなければいけない。私は教師だから。私は学生の頃、そういうメッセージをちゃんと読むほうだったから(変なまだるっこしい文章や長ったらしい文章は読み飛ばしていたけれど)、自然と気合いが入る。 今年度に…

忙しいなぁという日々の中では、バランスが崩れがち

そういえば、鉄分のサプリメントを買おうと思っていたのに買わなかった。 無性に甘いものが食べたくなったり、パンやパイみたいなものが食べたくなったり。そういうことがある。忙しくなったり色々な意味で安定してなかったりすると、そうなる。 はーああ。…