読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

習慣が変われば人生が変わる

 

って口の中で呟きながら思いっきり自転車を漕いで、帰り道の途中にあるコンビニを無視した。やっと。

 

17時を過ぎたあたりから、お腹の中、というよりは舌?脳?のあたりが少しずつ確実に騒ぎ始めて、だんだん大きくなってった。

 

チョコレート食べたい!あまいもの!パン!肉まん!あんまん!食べたいよう!食べたいようぅ〜〜〜〜

 

でもそういう声を無視して、懸命に自転車漕いで、コンビニをスルー。習慣が変われば人生変わるんだ、コンビニとはさよなら!って思いながら必死に。

 

まあコンビニには寄らなかったけども、実は、チョコレートは食べた。母親からの仕送りが届いていて、その中に大好きなチョコレートフレークが入ってたから。でもコンビニには行ってないもん。そこが大事。チョコレートやあまいものも食べ過ぎてるから控えたいとは思ってるんだけど、コンビニに行かなかったからそのぶん過食はしてない、それで良いや。少しずつ変えてこう。

 

でも洗濯もしたし、洗い物もしたし、良いのでは?掃除機はかけれなかったけど。

夕食は無印のトマト系リゾットとクラッカーとチョコレートフレーク。……コンビ二で過食してたときよりは良いかな。今日は19時まで仕事したし。

 

19時以降は絶対仕事しないほーが良いね。結構ギリギリ。週6勤務、19時までの仕事、は人間のギリギリだよ。私は教育が好きだからどうにかやっていけてるんだと思う。

 

学ぶことも教師の仕事も好きだけど、それ以外の自分の生活っていう部分、そこを大事にするには19時までには家に帰ることが必要だなって思う。難しいね。

 

私たちは急に社会人になって、どういう働き方をするかとかどうやって生きていくかとかそういうの、自分で全部考えて選択していかなきゃいけなくなった。家事も仕事も人生も。ものすごく考えがいがあるものたち。

 

学んだり研究したり、相談したり、参考にしたり、悩んだり、考えたり。大変だなって思うけど、おもしろさも感じてる。自分だけの自分のための未来がある、わくわく感。

 

 

 

そういえば、今日は3年生の授業、最後の授業だった。

 

まずfarewellっていう言葉やfarewell partyなんかを説明したせいか、無礼講みたいになっちゃっていつもよりまとまりにくかった。正直、あーあ…と思った。勝手な生徒がいると、無視されているよーな気分になる。いままでの授業を楽しめていたぶん、ちょっと言葉を贈ろうかなって思っていたぶん、寂しくて。

 

「最後にあなたたちのための言葉を考えてたんだけど、私から何か言っても伝わらないかもと思ってしまった。それは私の影響力・発信力のせいでもあるし、あなたたちの今日の態度のせいでもある……。ということで、今日の授業で言葉は贈らないけれど、文集は読んでもらいたい。私はあなたたちのことを考えながら文集の言葉を書いたから。その文集の言葉を自分で読んで。読んでくれた人に伝わると良いなって思う。」って言った。

 

「結構何日もかけて書いて、練ったからさ。口頭よりも良い文章になってるって自信があるし。」って言った。

 

でもそしたら、私からの直接の言葉もほしいってお願いされたんだよね。文集も読むけど、やっぱり直接の言葉とは違うと思うから、って。伝わらないかもしれないっていうけどそれでも言ってほしいって。

 

意外だった。

 

じゃあ、せっかくだからと思って、なにか目標を達成させるには3年はかかるって見たほうが良いよ、っていう話と、このクラスの英語が持てて嬉しかったよっていう話をした。

 

実は私は本当に楽しかった。このクラスでの授業が。

 

お馬鹿さんからも変な間違いをする子からもケアレスミスばっかりする子からも、分かった!出来た!を引き出したくて。それぞれの成長や、彼らが頼ってくれる瞬間、私の話を楽しんでくれる時間、が嬉しかった。

 

生徒たちは最初、私からの言葉を「ぜってー嘘(笑)」「心こもってないから(笑)」とか言いつつ聴いてる感じだったんだけど、段々表情が変わってった。なんだか子供っぽい、嬉しそうな顔になってた。

 

あなたたちと出会えて良かったよ。ありがとう。……かっこよく言えなかったけど、そんな感じだよ。

 

授業終わったあと話しかけてくる彼らからは、名残惜しさというよりは、なんとなく、親しみをより強く感じた。

 

 

 

授業を重ねるごとに増えた彼らとの会話がなくなるのは寂しい。でも、寂しいねえ〜(笑)、って言うとやっぱり「いーからそういうの(笑)」「全然伝わってこないよ(笑)」って返される。実は本当なんだよ、わざと軽々しく言ってるけど。

コンビニに行かないという選択

 

今日はマッサージを受けてリラックスしてた。

それで思ったんだけど、iPhoneを見ずにいろいろ考える時間てすっごく大事。

 

そして今日。マッサージを受けながら考えていたことは、コンビニの食べ物を節約して外で友達と、あるいは1人でもっと美味しいものを食べたり、マッサージに行ったりするほうが良いよねっていうこと。

 

パンはパン屋さんで買ったほうがおいしい。食べ物は出来立てのほうがおいしいし、心も満たされる。マッサージは体が気持ち良いし、のびるし、リラックス出来るし、最高。大好き。

 

コンビニの食べ物で1日約千円使う。どうしてもお菓子やらなんやら買い込んで、一気に食べてしまう。ダメだって分かってるのに。だからそもそものコンビニに行かないことにする。結構、悪い習慣になってしまっているから難しいかもしれないけど。頑張ってコンビニ以外のスーパーとかお洒落なお店に行くことにする。コンビニ飯を5回我慢したらきっと痩せるし、マッサージ1回分の値段になる。良いことばっかり。

 

そして、仕事の話。

中学校に異動を出して、しばらくして色々思うよーになったら公立を受けようと思う。自分の将来像が見えるか見えないか、自分の時間が持てるか持たないか、尊敬出来る人がいるかいないか、嫌な人がいるかいないか、1人でやれる自信がつくかどうか、恋が出来るか出来ないか。

 

考えた結果、公立の中学校。って思ったら公立を受けようじゃないか。

 

そして。私が大学院でまとめたい内容は「中学校の進路選択」についてだなと思った。ざっくりしているけども、それだ。そう考えるともう少し教員経験を積んでも良いかな、とは思う。

 

わりとお金もカツカツだし、考えながら選択して、行動していくしかない。

 

ま、とりあえず、コンビニは我慢ということで。うちのマンションの下にスーパーがあれば良いのにな。

ふと、私はずっとこの体で生きて行くのかあと思った

 

だから、もっと大事にしたい。愛おしんであげたい。

 

同じく二十五歳になった友達から、二十五歳になれたことに感謝しなきゃだよねと言われた。二十五歳になれない人だって、病気になっちゃう人だっているのに、健康で仕事もあって楽しみもあって、そうやって二十五歳になれたことに感謝する。

その通りだと思った。

 

そして、今日、ふと、ベットの上で目をこすりながら、私は私の体を大事にしなければと思った。どうしても雑に扱いがちだから。

 

おやすみなさい。

目標は?やりたいことは?夢は?

 

ぐつぐつ煮込んで分かったのだけれど、私の夢のひとつは幸せなお嫁さんになることだ。

 

幸せなお嫁さん。自分も幸せで、旦那さんと子供も幸せにできるようなお嫁さん。

 

そのためにはまず、料理かなと思う。あとは料理が出来れば幸せなお嫁さんへの道は出来る。お母さんに教えてもらおう。

 

そして、英語をもっと自信を持って教えたい。あるいは国語の免許を取りたい。 

 

英語から逃げたい思いもある。でも自信を持って教えられるようになりたい。自信が無いのは分からないことがあるのに勉強出来ていないから。そう思ったら、じゃあ塾に行こうかなと思った。英語ってせっかくこんなに色々な塾や資格があるんだし、と。しかも私は英語を毎日使う仕事だし。そういう仕事って意外と少ないんじゃないかな。

 

国語については、まあ、好きだから。でも学生時代の国語ってなんとなく眠くなりがちだった。どうやったらおもしろくなるのかな?

 

大学院に行きたいという夢は広がって、留学もしたいっていう気持ちになっている。結婚する前に。大学の教授が言っていた言葉が胸に残ってる。

 

学び続けたい、教育にずっと貢献したい。

幸せなお嫁さんになりたい。相手や子供も幸せに導けるような。

 

これが私の夢だ。

 

 

未来が想像出来ない場所にはいたくない

 

いまの学年を卒業させてから、移動したい。

 

そう思うのは、逃げじゃなくて本当に前向きな気持ち。中学校のほうが私が貢献できることが多いと思うし、選択出来ることが多いように思う。

 

高校では、出来ないと思ってしまうことややりたくないと思ってしまうことがある。

 

例えば、男子生徒の力には勝てなくなる。

これってしょうがないことだ。

 

例えば、殺人未遂がある。あるいは殺人事件も。

私は真っ直ぐに生きてきてしまって、あらゆる社会のルールを破る意味がわからない。根本的なところが理解出来ない。そういう人たちもいるということは理解出来ても、その人たちに本当の意味で寄り添うことは出来ないと思う。心を無にしろ、と言われても動揺するものは動揺するし、それに、心を無にするなんてことはしたくない。

 

もう少し、私がいた環境に近い場所で教員として働きたいという気持ち。

それに私は中学校の学習や生活、選択が人生の中で大きいってことに気付いたから、中学校で働きたいのです。

 

お願いします。移動出来ますように。

 

 

嫉妬

 

私の学校がまとめられて、本になった。

外部の研究者がまとめてくれた本、フィールドノートやインタビューがおもしろくてガツガツ読んだ。でもチラリと浮かぶのは、これは私がやりたかったことだってこと、嫉妬の思い。

 

私だって素晴らしい学校だって、魅了されてここにいる。でも教師になったいまと、恋い焦がれて憧れてた当時の気持ちが全く一緒かと問われれば、答えはノーだ。

 

私もそちら側に行きたい。素晴らしい学校であることを信じて疑わず、学校を考察し生徒を考察し、見学し、インタビューし、感謝の気持ちを込めて本を出版したい。

 

私だって。

 

 

処女(に囚われている私)からの卒業

セックスをしなきゃと焦る

 

昔、こんな記事を書いてて、下書きにしてた。

 

でも、文字にすると阿保らしー。何を焦ってるんだって感じ。いままで付き合ってきた人なんかとの、拒否してきたのに、急にここに来て何を焦ってるんだって。別に焦ることじゃないって分かってるけど。

すごく楽しそうな気はしてる。わくわくしてて、期待もしてしまっていて、それが膨らみ過ぎていて。

友達と練習したい、でも練習できる時期だって過ぎてしまったなと思う。大学生の頃だったらまだ出来ていたかもな〜そういうの。

 

だってさ。……以上。

 

あほぅ。なにが練習じゃ。なにを気軽に言ってるんじゃ。

 

脳内がおかしくなってたんかなと思う。周りを気にしてた?勝手に世間体をつくってた?

 

いまはもう別に、卒業の時期なんていつでもいーやっていう感じ。むしろ私は昔から肌接触がすっごく苦手だった(毛とか匂いとか、コンプレックスで触れられなくなかったし自信がなくて近寄れなかったし触れられると体が一気に強張ってた)んだけど、いまはベタベタに触れるし近寄れるし、良かったなあって思う。生徒のおかげ。たぶんこれから付き合う人とセックスできると思う。無理なく。それってすごーく幸せなことだし、ストレスにならないって予想できるだけで嬉しい。成長したね、私も。

 

 

はい、おしまい。卒業のテーマでの記事でした。まあ、卒業してないんですけどね。